新着記事

1

選ぶとき

手提げ袋を選ぶ際にはサイズがとても重要になります。これはオリジナルの製作を依頼する際にも、すでにあるデザインのものを購入するときにも重要となります。縦横だけでなく奥行きにも注意しましょう。

高品質な手提げ袋を作成したい方は、こちらの業者がオススメですよ!経験豊富な加工のプロが対応してくれますので安心して頼めます!

2

色を決める

手提げ袋をオリジナルで製作する場合には印刷色数を選択する場合があります。これはもちろん色数が増えるほどコストがかかってしまいます。ショップのロゴやデザインによっては一色のほうが良い場合もあるでしょう。

アパレル袋など使い道さまざまなオリジナル紙袋を作成するならこちらにお任せください。素材やサイズも豊富な種類を取り扱っています。

3

丈夫なものにする

手提げ袋の表面処理を選択する必要も出てきます。PPラミネートと呼ばれるものは表面を薄くコーティングしてあることによって、ある程度水に強い、丈夫な手提げ袋になります。

4

売上アップ

手提げ袋は動くショップの広告物にもなります。そのためにオリジナルのものを製作することでショップの知名度を上げることもできるでしょう。うまく活用することが出来れば売り上げもアップします。

手提げ袋のメリット

ショップで買い物をした時に手提げ袋に商品を入れてもらうことがあります。この手提げ袋をその後も別の機会に利用したりするという方も多いでしょう。
このような袋は店舗用品をより扱っているショップで購入することも出来ますが、オリジナルのデザインのものが欲しい場合には専門店等に製作を依頼する必要が出てきます。
専門店でオリジナルの手提げ袋を製作するメリットとしては、ショップを経営している場合にはそのショップのアイテムとして使用できるだけではなく、販促アイテムとしても有効活用できるのです。
お客様がショップオリジナルの手提げ袋を持ち歩くことによって、他の道を歩く人々にショップの名前などを知ってもらう機会が増えます。
それだけではなく、しっかりとオリジナルのものがあることによって、そのショップの印象が変わることもあります。
具体的にはそのショップ独自のアイテムがあることによって一種のブランド力を高めることができるのです。
この効果は最初、なかなか感じられないものですが、だんだんと効果が出てきます。
この用に実際に存在する手提げ袋を購入するのももちろん良いのですが、オリジナルのものを作成してみるのもショップにとってよい影響を与えてくれるでしょう。

この袋にはまず様々なサイズがあることを知らなければなりません。良くあるものとしてはA4サイズのような規定の大きさに沿ったものから、ワインボトルを入れるように設計された大きさのものも存在します。
実際にどのような商品を入れるかを考えると良いでしょう。
例えばケーキ販売店の場合、あまりにも袋が大きすぎると中のケーキを入れている箱が動いてしまい、結果中のケーキの形が崩れてしまう恐れがあります。
そのようなことが起こらないようにちょうど良いサイズを探してみるのが良いでしょう。
ちなみにこのような袋の場合には縦や横だけでなく、奥行きにも注意しましょう。もし、縦横がぴったり合っていたとしても奥行きが狭すぎるのでは商品が入らない可能性も出てくるからです。
そしてこの手提げ袋の材質を選ぶことも可能です。これは材質によって費用が変わってくるのですが、触ったときに光沢があり、つるつるしているグロスつやありと呼ばれる表面加工は、高級感を与えるだけではなく、水にも少し強いです。
そして持ち手となる紐を選ぶことが可能な場所もあります。
紙袋の雰囲気に合った色の紐を選ぶようにしましょう。